2020年 夏アニメ一覧(まとめ) 予想と紹介

2020春アニメ

序文

 7月末です。この3ヶ月ほぼ在宅で仕事していたしアニメの放送本数も減っていたはずなのに、積んでいたアニメが全然消化できませんでした。その代わりに神田川ジェットガールズのゲームをクリアしました。面白いからみんなもやろう、神田川ジェットガールズ。

 以下は夏アニメについての、各作品の軽い紹介、勝手な予想となっています。なお、春に途中まで放送してから延期になった作品もそこそこありますが、そちらは別枠で纏めています。中国・韓国勢の原作ものが増えていたり

 基本的に深夜アニメ・30分アニメを紹介してます。最近は配信限定とかありますが、実況勢なのでテレビ放送しているものだけでやってます。

 公式情報等ソースは確かなものを使うよう心がけていますが、基本は個人的なメモの延長です。なので主観と適当な予想が交じった雑多なものになってますが、今期アニメ視聴の参考になれば幸いです。

 オリジナルと原作ものは個人的に次のように分けています。

  • オリジナル:上記の原作もの以外。なぞれる原作がないもの。
  • 原作もの:別媒体で発表済みのストーリーをアニメでなぞる形式のもの

 上記の理由から、ラブライブ!のようなキャラだけ固まってるメディアミックスやソシャゲのアニメ化もオリジナル扱いです。アニメ見てストーリーの展開が気になったときに先取りできるのが原作もの、できないのがオリジナルだと思って貰えればいいです。

 この記事は私見バリバリなので、情報だけ欲しい、5分アニメ、朝帯のアニメもカバーしたいという方は「つづきみ」のサイトやアニメイトさんのまとめをどうぞ。

 ここでなら今期作品のPVをほぼ全部見ることも可能だったりします。

オリジナル

Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ)

  • 監督:畑博之
  • シリーズ構成:土田霞/あさのハジメ
  • 制作スタジオ:横浜アニメーションラボ

 今期の最推し枠。歌とダンスの魔法で人々を魅了する「魔女」を目指す少女たちを描いたメディアミックスコンテンツのアニメ版である。実質的なアイドルものであり、実際に以前ライブもあったりした。

 メインのユニットがあり、ライバルユニットがいてその他のユニットがあるというリステに似た構成。YouTubeに上げられたPVを見ても分かる通り、ユニットごとにかなりはっきりしたコンセプトがある。個人的にはⅣKLOREとシュガーポケッツが好き。

 先行で1・2話と見たが非常に作画が良く、キャラクター同士の関係性もよく描かれている。2話まで視ないとライブシーンがないが、その分エピソードがしっかりしていたので満足のできだった。実況オタクにも百合のオタクにも期待してほしい。

GREAT PRETENDER

 時間帯以外は素晴らしい+Ultra枠の新作。今回は詐欺師たちによる騙し合い、いわゆるコンゲームもののオリジナルアニメとなっている。最近だと「コンフィデンスマンJP」のヒットによって注目度が高まっているジャンルであるが、脚本・シリーズ構成の古沢良太はまさにそのコンフィデンスマンの脚本家。まさに本家本元というわけである。こう書くと後追い企画のように思えるが、実際はこっちの方が企画としては先に始まったらしい。アニメの大規模さが分かる話である。

 古沢は他にも映画「キサラギ」やドラマ「リーガル・ハイ」など担当しており、実写界隈では文句なしの実績がある。さらにアニメ的には、鏑木ひろによる「91Days」以来の監督作品、カバネリ以来のWIT STUDIOのオリジナル作品ということで、否が応でも期待せざるを得ない。

 既にネトフリでは先行配信がされており、各所から「クソ面白い」という評判が届いている。期待の一作である。デカダンスと時間が被っていることだけは絶許であるが。

デカダンス

 幼女戦記で注目を集めたNUTが送るオリジナルアニメ。といいつつ、幼女戦記の監督も構成もいないのだが。

 謎の巨獣に地上を支配された未来、巨大要塞「デカダンス」に立てこもって人類は暮らしているというあらすじ。色々類型を見たことあるしダリフラとかに近い感じのする内容だが、ロボットものではない。主人公が「右手を失って義手になった少女」というのがややトリッキーなところか。

 モブサイコやデスパレードの監督にドロヘドロBANANAFISHの構成と、スタッフ的には非常に豪華。設定がよく見た感じだったり戦い方が立体機動装置だったりと気になる点も多いが先行配信1話ではかなり良感触であった。「楠木ともりの主演作」ということで、いい加減当たり作品に巡りあってほしい意味も込めて期待したい。

GIBIATE

  • 企画・原作・製作総指揮:⻘⽊良
  • 監督:⼩美野雅彦
  • 制作:ランチ・BOX×スタジオエル

 正体不明のオリジナルアニメ。タイトルの読み方は「ジビエート」らしい。

 人間が異形の姿になってしまう謎の感染症が蔓延して荒廃した日本。そこに江戸時代から侍と忍者がタイムスリップしてくる、というあらすじである。

 ゾンビに侍に忍者と、とにかく設定が盛り盛り。制作陣が豪華という宣伝文句以上のインパクトがある。

 なんの因果か「天晴爛漫!」が今期にスライドしたせいでまさかのオリジナルアニメ侍かぶりが起きていたりとネタには尽きない。オリジナルアニメでは一番のダークホースである。

原作もの

THE GOD OF HIGH SCHOOL

  • 監督:朴性厚
  • シリーズ構成:吉村清子 ※吉はつちよし
  • アニメーション制作:MAPPA

 韓国版の刃牙。高校生たちが最強を決めるトーナメントバトルをするという内容になっている。

 原作の掲載元はLINE漫画。前期に「神之塔」という神アニメを送り出してきた同誌(「誌」と表現していいのかは分からないけど、一応)が今度はMAPPAを制作会社にして送り出してきたアニメということで、非常に期待値が高い。相変わらず周りで原作の評判を聞かないのは気になるが、今期のダークホースになることは間違いない。

彼女、お借りします

 くそったれスーパーアニメイズム枠。レンタル彼女をモチーフにした週刊少年マガジンのラブコメが原作となっている。

 最近知ったが、原作の作者はあのAKB49と同じ人。系統はちがうがストーリーの面白さはかたいだろう。声優陣からも「売れ線」という感じがビシバシ伝わってくる、今期の覇権候補である。

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

  • 総監督:大沼 心
  • 監督:田村正文
  • 助監督:湊未來
  • 制作スタジオ:SILVER LINK.

 今期のなろう原作アニメ。ちょっと久しぶりの、タイトルであらすじが説明されてるタイプの作品である。

 「なろう原作」と言いつつ、放送枠的にはSAOの前という好立地であり、強い推しを感じる。スタッフも大沼総監督からの田村、湊とSILVER LINK. 関係者の中でも一軍メンバーが揃えられている。

 最近では防振りの2期が決まっており、まだまだ弾は多そうな「なろう原作」もの。EDが楠木ともりのデビュー曲ということも含めて期待したい作品。

炎炎ノ消防隊 弐ノ章

  • 監督/シリーズ構成:南川達馬
  • アニメーション制作:david production

 アニメイズムの前半枠。後半のハイキューは延期になったがこちらは予定通り放送らしい。スケジュール通りの優等生である。

 1期では色々なアクシデントに巻き込まれていたが、内容は面白かったので2期に期待したい。

ピーター・グリルと賢者の時間

  • 監督:辰美
  • 脚本:毛利のら
  • アニメーション制作:ウルフズベイン

 今期もいくつかある異世界もの。タイトルはJKローリング作品のような顔をしているが、実態は深夜アニメに相応しいエロ全振りな内容である。

 主人公のピーター・グリルが武術大会で優勝して人類最強の称号を得たら、異種族の娘から子種を狙われることになった、というのが公式のあらすじ。賢者の時間は文字通りの「賢者タイム」という意味である。

 公式PVの時点で「子種」という単語が飛び交うし肌色は多めだしと色々ギリギリ。今年は「異種族レビュアーズ」という放送停止案件もあったりしたが、懲りることなく限界を攻めているらしい。枠的にはレビュアーズよりさらに深い時間になっているが、果たして最終話まで放送されるのだろうか、注目したい。

恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~

  • 監督:境宗久
  • シリーズ構成:𠮷村清子
  • 制作:MAPPA

 小糸プロデューサーが主人公中国産の乙女ゲームが原作のアニメ。

 父親の死によって映像会社を継ぐことになった主人公が番組最終回で高視聴率を稼ぐために奮闘するという内容になっている。タイトルの「プロデューサー」はアイドルではなく番組の方のプロデューサーである。

 なんとなく業界もの・アイドルものという雰囲気だが、設定を見ると「超能力者がいる世界で攻略対象は全員超能力者」などさらっとすごいことが書かれており、なかなかカオスな世界観をしている。地味にスタッフが豪華なのもあり、ストーリーが良ければ下馬評をひっくり返す可能性もある。今期最注目作品である。

モンスター娘のお医者さん

  • 監督:岩崎良明
  • シリーズ構成:⽩根秀樹
  • アニメーション制作:アルボアニメーション

 ダッシュエックス文庫作品が原作のアニメ。監督・構成はJ.C.STAFFっぽい、というかラスピリを彷彿とさせるが、製作会社はぼく勉アニメを作ったアルボアニメーションとなっている。

 タイトルだけ見るとハートフルな医療もののようだが、実態は「医療行為」という名目でセクシャルな音声を発生させるアニメであることがPVからも分かる。公式に「モンスター娘のいる日常」との共通点を認めるくらいなので、完全にあの系統である。

 今期は人間よりモンスター娘によるハーレムの方が数が多いという現状だが、それらの中では最も注目されている作品といってよいだろう。

ド級編隊エグゼロス

 毎クール1個は欲しいおバカ枠。系統的にはダイミダラーやハイスクールDDに近い、エロと熱さのハイブリッド型となっているらしい。

 エロ可愛さには定評のある project No.9 の製作であり、需要には間違いなく答えてくれると思う。

異常生物見聞録

  • 総監督:深蓝人
  • 監督:西本由紀夫
  • 脚本:篠沢侑斗・石井飛鳥・ 藤本冴香
  • アニメーション制作: MMT Technology Co., Ltd

 今期一番謎の多いアニメ。異世界の住人向けに空き部屋を貸すことになった青年が主人公の中国産Web小説を原作としている。

 元々は「2019年放送!」という触れ込みでAnimeJapan2019などにも出ていたのだが、2019年内には放送されず。もはやお蔵入りかとおもいきや、突如としてBSフジで今期から放送されるという、異常な遍歴を持っている。

 公式サイトに放映情報が更新されてないうえに公式Twitter等もないので真偽すら怪しいのだが、BSフジは「放送する」と言っており出演声優が積極的にRTしてるので放送するのは間違いないだろう。10年代の忘れ形見が果たしてどのようなものになるか、注目したい作品である。

宇崎ちゃんは遊びたい!

 Twitterでよく流れてきてた漫画のアニメ。献血ポスターで大荒れした胸のデカい後輩が煽ってくるラブコメである。

 正直に言うと胸のデカさより「SUGOI DEKAI」と書かれたTシャツをキャラに着せるあたりのセンスが公共的ではないと思うのだが、それはそれ。知名度も高く、最も注目されている作品の一つと言っていいだろう。

 製作のENGIは角川と資本関係にあるところであり、けものみちや艦これなど自社IPでも大切なもののアニメ化を任されている印象もあるところ。いい意味でも悪い意味でも関心が高い作品であり、今期の話題の中心になることは間違いない。

配信済み作品の初放送

 Netflixオリジナル作品の後追いテレビ放送。刃牙以外は全てオリジナルとなっている。

バキ 大擂台賽編

A.I.C.O. Incarnation

HERO MASK

配信のみ

日本沈没2020

  • 監督:湯浅政明
  • 脚本:吉高寿男
  • アニメーション制作:サイエンスSARU

 Netflixのみ配信のオリジナルアニメ。映像研で話題になった湯浅監督の作品である。

 原作は何度も映像化された小説であるが、アニメ化にあたって時代を現代に移している。本来なら「東京オリンピック後の2020年の日本」が舞台となるはずだったのが、現実の方が遅れたせいで「現代でありながら近未来設定」というSFみが出てしまっているのが特徴的。

放送再開

 以下は前期からスライドされた実質今期作品である。

 SAO、リゼロ、俺ガイルと春メインを張るはずだったアニメが軒並みスライドしており、これだけでも十分お腹いっぱいという感じである。

 天晴や富豪刑事など途中で打ち切られてる作品もあるため、続きが気になる。